您的当前位置:首页 >> 专题专栏 >> 河北省疫情动态摘报 >> 时政要闻 >> 日本語
新型コロナ肺炎は世界各地で分化発生 世界保健機関
发布时间: 2020-04-23       文章来源:新華網          浏览次数: 分享至:

【新華社ジュネーヴ4月22日】世界保健機関のテドロス事務局長は22日に、現在新型コロナ肺炎は世界各地で分化が発生され、西ヨーロッパでは大部分の地域がほぼ安定になりつつあるが、アフリカ、中南アメリカや東ヨーロッパでは状況が厳しいと語った。

テドロス事務局長は当日行われたビデオ記者会見で、世界の大部分の国にとっては、この疫病がまだ感染発生の初期段階にあり、前に感染発生に影響を受けた一部の国では再び感染の逆輸入の衝撃を受け、現在のところ、このウイルスは長期的に存在し、ウイルスとの戦いは長期間になる恐れがあると語った。

また、テドロス事務局長は、多くの国が感染拡大を防止するために実施した「在宅令」と物理的距離を保つ対策措置は「間違いなく成功した」が、これらの措置が直面している最大の課題は「怠慢」であると表明した。彼は「新型コロナウイルスは依然として非常に危険なものであり、初期的な証拠から分かるように、多数の人が感染しやすく、疫病が「再発」になりやすいため、関連措置は「新常態」として長期に堅持すべきだと警告した。

【关闭窗口】