您的当前位置:首页 >> 专题专栏 >> 河北省疫情动态摘报 >> 时政要闻 >> 日本語
既存の確認症例が初めて1000人以内に下降 海外からの輸入症例が半数以上退院済み 国家衛生健康委員会
发布时间: 2020-04-24       文章来源:CCTVニュースAPP          浏览次数: 分享至:

本日(23日)の午後、国務院共同対策メカニズムが記者会見を開き、新型コロナ肺炎の予防・管理に関する科学知識の普及を紹介した。記者会見では、国家衛生保健委員会の報道官米鋒氏が最新の疫病状況を通報した。彼の紹介によると、4月22日に湖北省の既存の重症症例は2人に下降となり、全国で確認された症例は初めて1000人以内に下げ、海外からの輸入症例が半数以上退院したそうである。米鋒報道官は同時に、一部の地域で集団的疫病の感染確認人数がまだ増えており、できるだけ早く感染拡大ルートを遮断し、予防・管理の抜け穴を埋め、流行の反発を断固として抑えなければならないと注意を呼びかけた。

【关闭窗口】