您的当前位置:首页 >> 专题专栏 >> 河北省疫情动态摘报 >> 时政要闻 >> 日本語
武漢の入院した新型コロナ患者はゼロに クリア
发布时间: 2020-04-27       文章来源:新華社          浏览次数: 分享至:

【新華社武漢4月26日】武漢市衛生健康委員会は26日午後、武漢市肺科病院の77歳の新型コロナ患者の丁氏は第二次の核酸検査結果が陰性で、臨床症状が解除されるため、退院基準に達したと発表した。これで、武漢市は入院した新型コロナの患者はゼロとなった。

湖北省と武漢市は疫病との戦いの勝負の地である。武漢市が勝てば、湖北省が勝つ。湖北省が勝てば、中国が勝つ。湖北省では、確認された症例は2月18日最高値の50633人(武漢38020人)から、4月14日まで湖北省(武漢を除く)地域の症例がゼロとなり、4月21日に武漢の症例が2桁まで減少し、26日には入院した新型コロナ患者がクリアとなった。湖北省、武漢市の新型コロナ肺炎の医療治療工作は段階的な重大成果をあげた。(記者の王賢・楽文婉)

【关闭窗口】