您的当前位置:首页 >> 专题专栏 >> 河北省疫情动态摘报 >> 时政要闻 >> 日本語
殆どの米国企業が中国から撤退意図なしに、協力の強化は正しい合理的選択だと外交部がコメント
发布时间: 2020-04-29       文章来源:新華社「新華視点」マイクロブログ          浏览次数: 分享至:

中国の米国商会、上海の米国商会やPwCがここ数ヶ月に共同で実施したビジネス調査報告によると、多くの米国企業は今後中国での生産操業再開に対して楽観的で、中国市場から撤退する気がないと表明した。これに対して、外交部の耿爽報道官は28日、この調査は中米の経済貿易関係の強い靭性と互恵の本質を再び反映していると述べた。両国の消費市場の規模は巨大で、産業チェーン、サプライチェーン、サービスチェーンは深く統合されている。両国の多くの企業は投資、生産、研究開発や販売などの面で緊密に関連している。協力を強化することは両国企業がした正確かつ理性的な選択であり、中米両国と世界経済を疫病による影響からの脱却や早期回復を促進することにも役立つ。(記者の馬卓言王卓倫)

【关闭窗口】