您的当前位置:首页 >> 专题专栏 >> 河北省疫情动态摘报 >> 时政要闻 >> 日本語
レストランなどの生活場所、グラウンド、映画館などのレジャー施設を全面的開放、国務院共同対策メカニズム
发布时间: 2020-05-09       文章来源:新華社          浏览次数: 分享至:

国務院共同対策メカニズムは8日、新型肺炎の常態化に対する対策管理をしっかりと行うことについての行動指針を発表した。指針では中国は現在新型肺炎の防止管理が更に良い情勢を固め、対策措置が緊急から常態化に転じていると説明した。

感染症発生以来、大きな影響を受けてきたレストラン、映画館、劇場などの場所について、指針では、関連する技術ガイドラインに従い、対策管理措置の実施を前提として、ショッピングモール、スーパーマーケット、ホテル、レストランなどの生活場所を全面的に開放し、公園や観光スポット、運動場、図書館、博物館、美術館などの室内会場及び劇場、ゲームセンターなどの密閉型娯楽施設については予約や人数制限などの方式で開放する。また、必要に応じて、各種会議や展示会イベントなども開くことができると言うこと。

王秉陽、温競華

【关闭窗口】