您的当前位置:首页 >> 专题专栏 >> 河北省疫情动态摘报 >> 时政要闻 >> 日本語
中国(河北省)のコンゴ(DRC)への感染症対策支援医療専門家チームが出発
发布时间: 2020-05-13       文章来源:新華網          浏览次数: 分享至:

【新華網石家荘5月12日】5月11日午後、中国(河北省)感染症対策医療専門家チームの一行12石家荘正定国際空港を出発し、感染症防疫支援のためコンゴ民主共和国(DRC)に向かった。

紹介によると、専門家チームはコンゴ(DRC)に到着した後、現地の医療機関や専門家との交流を通し、中国の感染症対策の経験を共有する。また、地元の症例のスクリーニングと追跡、感染症の予防と管理、病症管理、臨床診断と治療について、相談と指導をしたり、地元の医療関係者、公衆衛生担当者などに対してトレーニングと指導をしたりして、現地の感染症状況の評価に支援するとのことである。

専門家チームのメンバーは、医学検査、呼吸内科、病院感染管理科、重症医学科、漢方医、伝染性疾病のコントロール、ウイルス性疾患予防などの関連専門家から構成されている。河北医科大学第四病院CT磁気共鳴科副主任の王琦氏は、自分の卓越した技術と献身の精神、苦労を恐れない精神をつれて、他のメンバーと一緒に感染症闘いのための強力を集め、見事に任務を完成すると語った。

【关闭窗口】